インテリジェンス月次報告書4月号を公表、Webベースのマルウェアが急増(メッセージラボ ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

インテリジェンス月次報告書4月号を公表、Webベースのマルウェアが急増(メッセージラボ ジャパン)

メッセージラボ ジャパン株式会社は5月9日、メッセージラボ インテリジェンス月次報告書「2008年4月号」を発表した。これによると、4月はストーム・ボットネットが大幅に減少して当初の規模のわずか5%となった一方、Webベースのマルウェアが増加した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
メッセージラボ ジャパン株式会社は5月9日、メッセージラボ インテリジェンス月次報告書「2008年4月号」を発表した。これによると、4月はストーム・ボットネットが大幅に減少して当初の規模のわずか5%となった一方、Webベースのマルウェアが増加した。

同社では、ストームによる感染に焦点を絞り、これを除去する最新マルウェア除去ツールの登場により、ストームに感染したコンピュータの数は急激に減少したと分析。これまで200万台と推定されていたストーム・ボットネットの規模は、現在では約10万台程度で、これはストーム・ボットネットによるマルウェアを含んだメールの数が、4月に57%も減少したことからも明らかだとしている。

その一方、Webベースのマルウェアの分析では、4月に捕捉された同マルウェアの36.1%が新規のものであり、前月比で23.3%の増加となった。また同社は、マルウェア及びその他のスパイウェアやアドウェアなど、問題を引き起こすプログラムが潜んでいる新たなWebサイトを一日平均1,214件特定しており、この件数は前月比で619件増加したと報告している。

さらに4月は、ターゲット型トロイの木馬の1日の捕捉数が、28件であった2007年12月の250%増となる約70件を記録。ターゲット型の攻撃が過去最高水準に達したと発表した。また、北京オリンピックへの関心を悪用した攻撃も発見されており、そうした攻撃を過去6ヶ月間で13種類捕捉したことを明らかにした。

http://jp.messagelabs.com/resources/press/13642
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×