情報セキュリティ活動と法律の関係についての調査と提言を発表(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

情報セキュリティ活動と法律の関係についての調査と提言を発表(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は5月12日、諸外国における情報セキュリティ活動と法律の関係を調査し、日本における法律のあり方に対する提言を報告書としてまとめた。同調査は、現在の日本が情報セキュリティに則した法律整備が遅れれている状況をみて実施したもの。調査対象国はアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアの5ヶ国。

調査内容は大きく分けて、「情報セキュリティ対策を目的としたソフトウェア解析に係る法的問題」「第三者によるセキュリティ修正ソフトウェアの開発や提供に係る法的問題」「著作権技術的保護手段(コピープロテクション等)と脆弱性調査に係る法的問題」の3つに関して、各国の制定法や判例を調査している。調査内容はWebよりダウンロード可能。IPAは今回の報告書が、情報セキュリティ活動に対する法律面からの分析として活用され、セキュリティ対策の推進力となれば、と考えている。

http://www.ipa.go.jp/security/fy19/reports/legal/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×