2008年4月のウイルス、オンラインスキャナのTOP20を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

2008年4月のウイルス、オンラインスキャナのTOP20を発表(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社Kaspersky Labs Japanは5月1日、2008年4月のウイルスTOP20、およびオンラインスキャナTOP20を発表した。メールトラフィック上の悪意あるプログラムの動向は、先月から大幅に変化した。3月のランキングで10ポジション以上も順位を上げて首位に躍り出た「Net-Worm.Win32.Mytob.t」と「Email-Worm.Win32.Mydoom.m」が4月には後退したり、ランキングから外れたりしている。また3月とは異なり、4月のTOP20には新しい悪意あるプログラムも登場している。トップ20の上位には、「Email-Worm.Win32.NetSky.q」「Email-Worm.Win32.NetSky.d」「Email-Worm.Win32.NetSky.y」がランクインした。

オンラインスキャナでは、ようやく変化が見られたとしている。2ヶ月の間首位の座にあったアドウェアの「Virtumonde」はポジションをひとつ落とし、TOP3に入っていた他の2つのプログラムもそれぞれ順位を下げている。4月のランキングで注目されるのは、2007年末に第3位になったのち2008年の初めに第5〜7位まで後退していた古参のワーム「Brontok.q」が首位の座を獲得したこととしている。トップ20の上位には、「Email-Worm.Win32.Brontok.q」「not-a-virus:AdWare.Win32.Virtumonde.gen」「not-a-virus:PSWTool.Win32.RAS.a」がランクインしている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578663
http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578664
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×