住商情報システムが統合ログ管理アプライアンスの販売を開始(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

住商情報システムが統合ログ管理アプライアンスの販売を開始(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は4月23日、同社の統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」について、住商情報システム株式会社(SCS)が販売代理店契約を締結、製品販売ならびにサポート提供を開始したと発表した。SCSは2002年から情報量漏えいを含めたセキュリティ対策

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 RSAセキュリティ株式会社は4月23日、同社の統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」について、住商情報システム株式会社(SCS)が販売代理店契約を締結、製品販売ならびにサポート提供を開始したと発表した。SCSは2002年から情報量漏えいを含めたセキュリティ対策やコンプライアンス対策としてログ管理ソリューションの提案を行ってきており、これまで培ってきたノウハウを活かして、顧客要件を反映したレポート設計など関連サービスも提供する予定。

RSA enVisionは、ワールドワイドで1,000社以上の顧客(2008年3月末現在)に利用されている統合ログ管理アプライアンス。日本でも70社以上で利用されており、アプライアンスであることから導入が容易で導入コストが軽減できる、標準装備のルールやレポートの種類が多く運用後の工数が少なくて済む、などの特長を持つ。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9301
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×