指紋認証、自動暗号化機能を搭載したUSBメモリを発売(バッファロー) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

指紋認証、自動暗号化機能を搭載したUSBメモリを発売(バッファロー)

株式会社バッファローは4月16日、指紋(生体)によるユーザ認証と、保存するデータを自動的に暗号化する「自動暗号化機能」により、大切なデータを強力に保護するUSBメモリ「RUF2-FHSシリーズ」を4月下旬より発売すると発表した。指紋認証機能を搭載することで偽造を困難

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社バッファローは4月16日、指紋(生体)によるユーザ認証と、保存するデータを自動的に暗号化する「自動暗号化機能」により、大切なデータを強力に保護するUSBメモリ「RUF2-FHSシリーズ」を4月下旬より発売すると発表した。指紋認証機能を搭載することで偽造を困難にし、データを暗号化することで盗難・紛失時の情報漏えいリスクからデータを保護する。指紋センサーはスライド方式のため、登録した指をセンサーに滑らすだけで簡単に認証が行える。また指を滑らす動作のため、指紋の跡がそのまま残らない。精度は「特徴点抽出方式」により高いレベルを実現している。

暗号化機能では、「自動暗号化」のため保存のたびに暗号化を意識する必要
がなく、また暗号化を忘れることもない。暗号化機能はUSBメモリ内で行う「ハードウェア暗号化」のため、セキュリティソフトをPCにインストールすることなく使用できる。暗号化方式は「AES256bit」を採用している。データは暗号化して保存するため、USBメモリを解体してのサルベージも不可能。ラインアップは512MBから8GBの計5製品となる。

http://buffalo.jp/products/new/2008/000701.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×