トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表 | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表

 トレンドマイクロ株式会社は4月3日、2008年3月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、3月のウイルス感染被害の総報告数は4,029件と先月(4,316件)から減少した。日本では、それほど大きな季節的なイベントがない月であるためか、総報告件数

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は4月3日、2008年3月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、3月のウイルス感染被害の総報告数は4,029件と先月(4,316件)から減少した。日本では、それほど大きな季節的なイベントがない月であるためか、総報告件数はやや減少したものの、2月にも1位と2位であった「MAL_OTORUN1」「BKDR_AGENT」ともに単独での報告件数は増加しており、アジア圏に顕著なリムーバブルメディア経由の感染や第三者のリモート操作を可能にするバックドアに注意が必要としている。

 ランキングは、1位は「MAL_OTORUN1」が138件、2位はバックドア「BKDR_AGENT」が93件でともに先月と同位、3位は前月4位だったJavaScript「JS_IFRAME」が38件でランクインした。同社では、3月9日にMicrosoft Excelの脆弱性を悪用した攻撃を確認しており。この攻撃は脆弱性を修正するセキュリティプログラムが公開される前に脆弱性を悪用した「ゼロデイ攻撃」であった。この攻撃では「OLYMPIC.XLS」や「SCHEDULE.XLS」などのファイル名で、北京オリンピックのスケジュール表などに偽装されたExcelファイルが電子メールに添付される形で頒布された。

トレンドマイクロ:ウイルス感染被害レポート - 2008年3月度
http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20080403030723.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×