ウイルスバスター2007で「Windows セキュリティの緊急警告」が表示される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

ウイルスバスター2007で「Windows セキュリティの緊急警告」が表示される

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は3月30日、Windows Vistaでウイルスバスター2007を利用しているユーザーで、タスクトレイに「Windows セキュリティの緊急警告」が表示されることがあると発表した。またこの場合、Windows セキュリティセンターを開くと、スパイウェアとその他のマルウェア対策として「ウイルスバスター2007 (スパイウェア対策) は最新の状態ではない可能性があります」と表示される。

 同社では、本メッセージは一定期間スパイウェアパターンファイルがアップデートされていない場合に表示されるもので、3月30日現在における、スパイウェアパターンファイルの最新リリース日は3月12日で、その後リリースを行っていないため、本メッセージが表示されるとしており、次回スパイウェアパターンファイルをリリース後に、アップデートを行うことで本警告は表示されなくなるとしている。


トレンドマイクロ:「Windows セキュリティの緊急警告」表示について
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1073
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×