全国信用協同組合連合会、厚生年金保険料等の「領収控」9,668件を紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

全国信用協同組合連合会、厚生年金保険料等の「領収控」9,668件を紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

 全国信用協同組合連合会は3月7日、同連合会本店が取扱った厚生年金保険料等の「領収控」の一部を紛失していることが判明したと発表した。紛失が判明したのは、厚生年金保険料、税金等の「領収控」延べ9,668件で、このうち約700件は個人情報(住所、法人名・氏名、納付金額等)が含まれているとみられる。同連合会によると、本年2月に領収控の一部が行方不明であることが判明し、調査したところ、平成19年8月の書類廃棄の際に誤廃棄したものと思われ、情報が外部に流出した可能性は極めて低いものとしている。


全国信用協同組合連合会:お客様情報の紛失について
http://www.zenshinkumiren.jp/pdf/20080307.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×