トレンドマイクロのウイルス情報ページが改竄被害、ウイルス埋め込みも | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

トレンドマイクロのウイルス情報ページが改竄被害、ウイルス埋め込みも

 トレンドマイクロ株式会社は3月12日、同社Webサイトにおいてウイルス情報を提供しているWebページの一部が、3月9日21時頃から改竄されていたことが判明したと発表した。同社では、改竄されているWebページを確認後、3月12日11時30分からウイルス情報ページを閉鎖してい

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は3月12日、同社Webサイトにおいてウイルス情報を提供しているWebページの一部が、3月9日21時頃から改竄されていたことが判明したと発表した。同社では、改竄されているWebページを確認後、3月12日11時30分からウイルス情報ページを閉鎖している。また、上記期間に当該ページにアクセスした場合や、挿入されている文字列に含まれるURLをコピーしアクセスした場合、ウイルスに感染する恐れがある。

 当該ページにアクセスした際にダウンロードされる可能性のあるウイルスは、「JS_DLOADER.TZE」で、同社では3月10日に配信されているパターンファイル「5.147.00」においてすでに対応している。同社製品を利用しているユーザは、最新のパターンファイルでPC内のウイルス検索を行うことで、検知、駆除が可能であることを確認しているという。なお、改竄されたWebページは日本語および英語のウイルス情報ページだが、同社によるとこれらは同一のサーバではなく、それぞれのサーバが同様の改竄被害に遭ったことになる。


トレンドマイクロ:弊社ウイルス情報ページの改ざんについて
http://jp.trendmicro.com/jp/about/notice/0312/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×