トレンドマイクロのウイルス情報ページが改竄被害、ウイルス埋め込みも | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

トレンドマイクロのウイルス情報ページが改竄被害、ウイルス埋め込みも

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は3月12日、同社Webサイトにおいてウイルス情報を提供しているWebページの一部が、3月9日21時頃から改竄されていたことが判明したと発表した。同社では、改竄されているWebページを確認後、3月12日11時30分からウイルス情報ページを閉鎖している。また、上記期間に当該ページにアクセスした場合や、挿入されている文字列に含まれるURLをコピーしアクセスした場合、ウイルスに感染する恐れがある。

 当該ページにアクセスした際にダウンロードされる可能性のあるウイルスは、「JS_DLOADER.TZE」で、同社では3月10日に配信されているパターンファイル「5.147.00」においてすでに対応している。同社製品を利用しているユーザは、最新のパターンファイルでPC内のウイルス検索を行うことで、検知、駆除が可能であることを確認しているという。なお、改竄されたWebページは日本語および英語のウイルス情報ページだが、同社によるとこれらは同一のサーバではなく、それぞれのサーバが同様の改竄被害に遭ったことになる。


トレンドマイクロ:弊社ウイルス情報ページの改ざんについて
http://jp.trendmicro.com/jp/about/notice/0312/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×