2008年2月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

2008年2月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japanは3月2日、2008年2月のウイルスTOP20、およびオンラインスキャナTOP20を発表した。ウイルスは、ランキングには表れないものの、ダウンロード系トロイの木馬「Diehard」が引き続き勢力を保っている。1月のランキングでは「Diehard」の亜種が

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社Kaspersky Labs Japanは3月2日、2008年2月のウイルスTOP20、およびオンラインスキャナTOP20を発表した。ウイルスは、ランキングには表れないものの、ダウンロード系トロイの木馬「Diehard」が引き続き勢力を保っている。1月のランキングでは「Diehard」の亜種が4種類入っていたのに対して、2月は新しい亜種が第12位にランクインしているだけだが、これで危険が去ったわけではないとしている。トップ20の上位には、「Email-Worm.Win32.NetSky.q」「Email-Worm.Win32.Bagle.gt」「Email-Worm.Win32.Nyxem.e」がランクインした。

オンラインスキャナでは、アドウェアが久しぶりにランキングに戻ってきた。「Virtumonde.gen」というファミリーが首位になっている。分析の結果、過去数ヶ月の間に伏線として、コンピュータにこのアドウェアをインストールするトロイの木馬系ダウンローダがいくつか観測されていたが、1月と2月にはこれらのダウンローダがメール内でも見られた。これは、これまでになかった現象であるとしている。トップ20の上位には、
「not-a-virus:AdWare.Win32.Virtumonde.gen」「Email-Worm.Win32.Bagle.of」「Trojan.Win32.Dialer.yz」がランクインしている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578650
http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578651
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×