日本HP、約14万件の顧客情報が閲覧可能な状態に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

日本HP、約14万件の顧客情報が閲覧可能な状態に

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本HP(日本ヒューレット・パッカード株式会社)は2月29日、同社がホームページ上で実施したキャンペーンおよびセミナー申し込み、アンケート等のために登録した顧客の情報を記録したファイルの一部が、一定期間インターネットからアクセス可能な状態にあったことが判明したと発表した。閲覧可能な状態にあったのは、1月31日から2008年2月18日までの間に同社ホームページからキャンペーン、セミナー申し込み、アンケート等に登録、回答した顧客のうち、13万9,583件の住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど。これらの情報が2月13日から2月20日までの間、閲覧可能であった。同社では、直ちにシステムの問題点を修復し、アクセスを不可能にする処置を講じている。同時にシステムのアクセス履歴を調査したところ、一部の情報がアクセスされていたことが確認されたという。なお、現在のところアクセスされた情報が不正に利用されたという報告はないとしている。


日本HP:お客様情報流出に関するお詫びとお知らせ
http://h50146.www5.hp.com/info/whatsnew/fy2008/fy08-001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×