ノーリツ、子会社協力店で顧客情報が記録されたノートPCが盗難される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

ノーリツ、子会社協力店で顧客情報が記録されたノートPCが盗難される

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ノーリツは2月22日、同社の子会社である株式会社エヌティーエスの施工協力店「有限会社トップワーク」において、2月9日早朝に顧客情報が記録されたノートPCを盗まれるという事態が判明したと発表した。盗難されたPCには、トップワークが受託した際に受領した東京都西部を中心とする顧客の個人情報が保存されていた。内容は氏名、住所、工事内容、工事日といった個人情報を含むデータ(2001年〜2007年分)が合計2,038件(うち290件は電話番号も含む)であったという。現時点では、盗難に遭った当該個人情報の悪用による二次被害等の事実は確認されていない。なお、同PCには起動時のパスワード設定がなされているという。


ノーリツ:「お客様情報の盗難」に関するお詫びとお知らせ
http://www.noritz.co.jp/contact/important/19/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×