セキュリティ脅威を検知/防御する米Sourcefire製アプライアンスを発売(ディアイティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

セキュリティ脅威を検知/防御する米Sourcefire製アプライアンスを発売(ディアイティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ディアイティは2月21日、米Sourcefire社が開発したセキュリティ脅威の検知/防御システム「Sourcefire 3D System」の販売開始を発表した。

同システムは、複雑巧妙化する組織内外のセキュリティ脅威を「発見(Discover)」「判断(Determine)」「防御(Defend)」し、効率的かつ統合的にネットワークを監視するアプライアンス形式のセキュリティ・システム。侵入防止の基本であるIDS/IPSとして機能する「Sourcefire 3D Sensor」と、システムの中枢であり、複数のIPSを集中管理することができる「Sourcefire Defense Center」の2種類のアプライアンスで構成され、ネットワークを監視する。また、3D Sensorにプリインストールされ、ネットワークをリアルタイムに監視してクライアントの状況を可視化するソフトウェア「Sourcefire RNA」もライセンス提供される。

価格は3D Sensorが1,386,000円、Defense Centerが3,570,000円。
Sourcefire RNAは、別途ライセンス費用が必要。

http://www.dit.co.jp/news/news2008/2008_0221.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×