高島屋、神奈川県民共済の個人情報2万件を記録したMOを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

高島屋、神奈川県民共済の個人情報2万件を記録したMOを紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社高島屋は2月9日、同社法人事業部において神奈川県民共済生活協同組合より配送のために受託した顧客の名前等が入力されたMO(記憶媒体)を紛失したことが判明したと発表した。紛失したMOには、20,009件の顧客の住所、契約者名、加入者名、電話番号、性別の情報が含まれていた。なお、当該MOには暗証番号によるロックがかけられているという。また現時点では第三者へ流出している事実は確認されていないとしている。


高島屋:法人営業部(横浜営業所):個人情報紛失のお詫びとお知らせ
http://www.takashimaya.co.jp/about/excuse/080209/index.html?alltop_text01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×