2008年1月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

2008年1月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社Kaspersky Labs Japanは2月1日、2008年1月のウイルスTOP20、およびオンラインスキャナTOP20を発表した。ウイルスは、トロイの木馬ダウンローダである「Diehard」が、2ヶ月続けてメールトラフィックをかなり混乱させている。12月のランキングにこの亜種が3種入り、今年1月にはさらに別の亜種もランクインした。2年前に流行したワーム「Warezov」や「Zhelatin」とまったく同じ手法により、マスメールが短期間に集中して配信されている。トップ20の上位には、「Email-Worm.Win32.NetSky.q」「Email-Worm.Win32.Nyxem.e」「Email-Worm.Win32.Bagle.gt」がランクインした。

オンラインスキャナでは、1月の悪意あるプログラムおよび危険なプログラムの数は、昨年12月の統計とほぼ同じ結果になった。また、ウイルス「Virut」の流行がおさまる兆しが見られないことが重要であるとしている。トップ20の上位には、「Trojan.Win32.Dialer.yz」「Trojan-Clicker.Win32.Small.kj」「Virus.Win32.Virut.av」がランクインしている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578645
http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578644
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×