統合ネットワークセキュリティシステムを搭載した認証スイッチを発売(日立電線) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

統合ネットワークセキュリティシステムを搭載した認証スイッチを発売(日立電線)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日立電線株式会社は1月28日、次世代のネットワークセキュリティシステム「AccessDefender」を開発し、このAccessDefenderを搭載した認証スイッチ「Apresia4328GT」の販売を2月1日から開始すると発表した。

AccessDefenderは、ネットワーク認証機能を核として、各種セキュリティ機能を1つに統合し、統合環境ならではの機能性と運用性を実現するネットワークセキュリティシステム。核となるネットワーク認証機能では、国際標準規格のIEEE802.1X認証、同社独自の認証方式「ApresiaNA」で実績を積んだWEB認証とMAC認証に加えて、IPアドレスを利用するゲートウェイ認証が使用可能。また、セキュリティ機能としては、特定の条件に該当する通信を認証状態に関わらず許可する「認証Bypass機能」、悪意を持ったユーザーがネットワーク認証完了後にネットワーク上のデータの盗聴を防ぐ「LAN盗聴防止機能」、ユーザーが他人のIPアドレスを勝手に使用することを防ぐ「IPアドレス詐称防止機能」、Apresia1台ごと、またはポートごとに認証できる台数を制御することができる「接続端末数制御機能」などを実装。よりセキュリティの高いネットワークを容易に導入・実現することができる。

こうした機能を持つAccessDefenderを搭載した「Apresia4328GT」は、1000BASE-Xに対応するSFPポート4個と、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tに対応するポート24個を1Uに実装した高機能イーサネットスイッチ。全ポートがギガビット対応ながら、構成部品の見直しなどにより55Wの低消費電力を実現。また静音性にも配慮し、必要な場合にのみ冷却ファンを動作させる「準ファンレス」方式を採用している。同社では、今後、Apresiaシリーズ各製品にAccessDefenderを搭載していく予定。

http://www.apresia.jp/news/20080128.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×