VMwareに正式対応したLinuxサーバ向けウイルス対策ソフトを発売(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

VMwareに正式対応したLinuxサーバ向けウイルス対策ソフトを発売(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

トレンドマイクロ株式会社は1月24日、VMwareに正式対応したLinuxサーバ向けウイルス対策ソフト「ServerProtect for Linux 3.0」を1月29日から販売開始すると発表した。

同ソフトは、企業のLinuxサーバとサーバ上で共有されるファイルを、インターネット上の脅威から防御する対策ソフト。本バージョンでは、新たにスパイウェア対策機能を実装したほか、Linux用ウイルス対策製品としては業界で初めて、仮想化ソフトウェアであるVMware上での利用をサポート。同環境における動作を保証するとともに、発生した問題に対応することで、企業において急速に普及しているLinuxを用いた仮想化環境へのウイルス対策を実現する。また、最新カーネルでリアルタイムのウイルス検索を可能にする「カーネルフックモジュール(KHM)」のソースコードを一般公開。これにより、ユーザーやパートナーの手によるKHMの作成が可能になり、トレンドマイクロからのKHM提供を待つことなく、最新のカーネルに迅速に対応することが可能となっている。

本バージョンより「Red Hat Enterprise Linux5.0」「SuSE Linux Enterprise 10」などの最新のディストリビューションに対応。VMwareはESX Server 3.0対応。また、NECのフォールト・トレラント(ft)サーバ「Express5800/ft」のサポートも開始。価格は、年間5,439円/1ライセンス(5〜24ライセンス)〜、パッケージ価格が163,170円/1サーバ。

http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20080124021329.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×