複数の構成方式を組み合わせ可能な複合型シンクライアントを発売(アクシオ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

複数の構成方式を組み合わせ可能な複合型シンクライアントを発売(アクシオ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社アクシオは1月21日、シンクライアント導入の際の導入コストやマルチユーザー環境に対応しないアプリケーションなどの問題を解決する、コンポジット型(複合型)のシンクライアントソリューションの販売を開始した。

同ソリューションは、画面転送方式(Citrix Presentation Server(CPS)とWindows Terminal Service(WTS)との併用)と仮想PC方式を複合的に利用するコンポジット型シンクライアントシステム。無償提供される接続管理ツール「コネクション・ブローカ」により、ユーザーIDから個人毎の設定ファイルを自動的にシンクライアントに反映することで、各方式のサーバへの接続管理を実現。これにより、利用環境に適した複合的なシンクライアント構成が可能となり、低コストながらアプリケーションの対応などの課題をクリアしたシンクライアント環境が構築可能。

価格は、100ユーザー構成例(WTS 60ユーザー、CPS 30ユーザー、仮想PC 10ユーザー)で、1ユーザー当たり99,800円〜。

http://www.axio.co.jp/event/topics/compositeTC.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×