2007年10月1日〜12月31日の活動概要を発表(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

2007年10月1日〜12月31日の活動概要を発表(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月15日、2007年10月1日から12月31日までの活動概要を発表した。活動概要では、トピックスとして「ソフトウェア等の脆弱性問題の最先端動向を討議する脆弱性研究者ミーティングを開催」「Internet Governance Forumにおけるセキュリティワークショップで、情報セキュリティ対応機能構築のための国際協力の課題を明らかに」「アジア太平洋における12の経済地域CSIRTチームが合同でインシデント対応ドリルを実施」など6点を挙げている。

情報提供活動では、該当期間に注意喚起5件、JPCERT/CCレポート13件、インシデント報告受付650件、インシデント報告より派生した通知連絡622件を行っている。また、JVNにおいて公開した脆弱性情報および対応状況は48件で、そのほとんどがクロスサイトスクリプティングの脆弱性が占めた。活動概要ではこのほか、ISDASシステムによって収集された情報の紹介などが掲載されている。

http://www.jpcert.or.jp/pr/2008/pr080001.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×