リバースプロキシ型ファイルサーバ・ソリューションを発売(日本HP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

リバースプロキシ型ファイルサーバ・ソリューションを発売(日本HP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は1月15日、安全にWeb経由でのファイル共有を実現するリバースプロキシ型ファイルサーバ・ソリュー
ション「HP IceWall File Manager 3.0」を同日より発売したと発表した。参考価格は1,995,000円〜。本製品は、ファイルサーバとクライアントPCとの間でリバースプロキシとして動作し、ファイルサーバの機能を強化するファイルサーバ・統合アクセス管理ソリューション製品。

本製品では、ユーザはファイルサーバに直接アクセスせず、Webブラウザから本製品が提供する操作画面を通してファイルの取得や操作を行う。その際、本製品がドラッグ&ドロップによるファイル操作やアクセス制御、アクセスログ管理などの機能を提供するため、ユーザの利便性を高めるだけでなく、ユーザの利用状況が正確に把握でき、ファイルサーバの内部統制強化にも役立つ。導入は、ネットワーク上のファイルサーバとクライアントPCの間にリバースプロキシ型のサーバを設置するだけと、シンプルになっている。

http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2008/fy08-035.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×