2007年12月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

2007年12月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社Kaspersky Labs Japanは1月2日、2007年12月のウイルスTOP20、およびオンラインスキャナTOP20を発表した。ウイルスは、2007年の終わりになって、メールトラフィックの状況が急激に変化した。これまでのランキングでは旧来のメールワームが多くを占め、特に大きな動きはなかったが、12月に入ってワームではない新世代プログラムが爆発的に増殖した。トップ20の上位には、「Email-Worm.Win32.NetSky.q」「Trojan-Downloader.Win32.Diehard.dc」「Email-Worm.Win32.Warezov.xd」がランクインしている。

オンラインスキャナでは、2007年のオンラインスキャナーランキングの首位がほとんどトロイの木馬系ダイアラープログラムによって占められていたことは確かであり、12月も例外ではなかった。
トップ20の上位には「Trojan.Win32.Dialer.yz」「Virus.Win32.Virut.avc」「Email-Worm.Win32.Brontok.q」がランクインしている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578631
http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578630
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×