2007年クリスマス期間のWinnyのノード数について発表(ネットエージェント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

2007年クリスマス期間のWinnyのノード数について発表(ネットエージェント)

製品・サービス・業界動向 業界動向

ネットエージェント株式会社は12月27日、2007年クリスマス期間のWinnyのノード数を発表した。調査は同社独自の検知システムによるもの。調査によると、12月22日〜25日の4日間で平均約33万強のノード数となっており、今夏に同社が発表した数値と比較してやや減少した。また昨年の同数値と比較しても減少傾向を示している。

しかしながら依然として稼動しているユニークノード数は35万前後と数多く存在しており、やはり休日には多くのユーザが興味のある(面白い)ファイルを探す目的でWinnyを起動していることを読み取ることができる。同社は今後も、P2P利用動向などネットワークの現状を監視し、その結果を随時公表することにより、情報漏洩リスクに対する注意を喚起していく予定だ。

http://www.netagent.co.jp/press/20071227.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×