指紋認証付きUSBキーを利用したASP型インターネットVPN通信を提供開始(NSW) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

指紋認証付きUSBキーを利用したASP型インターネットVPN通信を提供開始(NSW)

NSW(日本システムウエア株式会社)は12月10日、自社のASP型インターネットVPNサービス「NSW-BizVPN」において、指紋認証付きUSBキーによるVPN接続を可能にし、提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NSW(日本システムウエア株式会社)は12月10日、自社のASP型インターネットVPNサービス「NSW-BizVPN」において、指紋認証付きUSBキーによるVPN接続を可能にし、提供を開始した。

NSW-BizVPNは、フリービットが提供する独自技術により、仮想アドレスを割り当てた端末同士のセキュアな双方向通信を可能とする、グローバルIPアドレスが不要な低コストのインターネットVPN通信。今回提供を開始した指紋認証付きUSBキータイプは、専用ソフトなどのインストールが不要で、PCへ接続するだけで、社外から社内のPCやサーバへの即時アクセスを実現するもの。指紋認証機能を備えているため登録者以外は利用できず、認証システムとデータの暗号化により盗聴や改竄、なりすましを防止できる。利用料金は1クライアント当たり初期費用17,000円、月額2,000円。

http://www.nsw.co.jp/topics/tpcs_NSWBizVPN.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×