共同通信社がLancope社の「StealthWatch」システムを採用(物産ネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

共同通信社がLancope社の「StealthWatch」システムを採用(物産ネットワークス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

物産ネットワークス株式会社は11月6日、同社が国内総販売代理店を務めるLancope社のStealthWatchシステムが、社団法人共同通信社(共同通信社)のネットワークに導入されたと発表した。共同通信社は、取材記事の送稿や編集、加盟新聞社や放送局への配信を迅速に行うため、本社と支社・支局とをWANで結び、高速のLAN環境を整備。またサーバは本社を中心に200台以上を稼働している。

今回同社は、社内ネットワークの状態の監視問題やネットワーク全体の把握による安定運用を実現させるため、Lancope StealthWatchを導入した。「StealthWatchを採用したのは、1台で全ネットワークがモニタリングできる、費用対効果で抜きん出ていたという点。またStealthWatchは、自動的にデータを収集して設定が行われるため、余計な負荷がかからずにスムーズに導入できた」と同社システム局員は語っている。

http://www.bussan-networks.com/info/press_release/pr07_11_06.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×