国民生活センター、セキュリティソフトに関するトラブルに注意を呼びかけ | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

国民生活センター、セキュリティソフトに関するトラブルに注意を呼びかけ

製品・サービス・業界動向 業界動向

国民生活センターは10月30日、全国の消費生活センター等にセキュリティソフトに関する相談が寄せられているとして、注意を呼びかけている。相談事例をみると、セキュリティソフトを購入しようとしてお金を振込んだ後、問合せをしようと思っても連絡がつかないケースや、インターネットを使用しているときに突然「このままだとウイルスに感染する」と警告のメッセージが出たため、クレジットカードの番号を入力してしまい、後から偽のセキュリティソフトだとわかったというケースが多いという。

また、セキュリティソフトをパソコンにインストールしたことにより、パソコンが作動不良や機能故障を起こしてしまったのではないかという相談も寄せられている。同センターでは消費者に対するアドバイスとして、「購入商品の内容の確認と、連絡先の確認を行う」「デスクトップ画面上に警告が出たからといって、慌ててセキュリティソフトの利用契約をしない」「消費生活センター等に相談する」などを掲載している。

国民生活センター:セキュリティソフトに関するトラブル
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/sn-20071029.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×