統合型検疫アプライアンスを発売(KCCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

統合型検疫アプライアンスを発売(KCCS)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は10月23日、統合型検疫アプライアンス「Lockdown Enforcer」の機能を強化し、新たにDHCP制御方式に対応したと発表した。同日より提供を開始している。同社では、特定ベンダのネットワーク機器に依存することなく、既存のネットワーク資源をそのまま利用した高度なポリシーエンフォースメントを実現するNAC方式の統合型検疫アプライアンス「Lockdown Enforcer」を提供してきたが、従来の方式では、日本のオフィスで多く見られるスイッチ配下にノンインテリジェントハブを設置し複数のデバイスを接続するような環境に対応することは困難であった。

今回、「Lockdown Enforcer」が既存のVLAN方式に加え、新たにDHCP制御方式に対応したことにより、このようなデバイスも個別に制御可能となり、日本固有の複雑なネットワーク環境にも柔軟に対応できるようになった。また、既存のDHCPサーバと連携するだけでNACを実現できるため、設定変更などの導入負荷を大幅に軽減することが可能となっている。

http://www.kccs.co.jp/press/release/071023.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×