AESを搭載したデータベース暗号化ソフト「eCipherGate」最新版を発売(サイファーゲート) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

AESを搭載したデータベース暗号化ソフト「eCipherGate」最新版を発売(サイファーゲート)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

サイファーゲート株式会社は10月19日、電子政府推奨暗号のひとつであるAESを搭載した、リレーショナル・データベース暗号化ソフトウェア「eCipherGate Security for Symfoware」ならびに「eCipherGate(イーサイファーゲート)」の新バージョン4.1.1.5の発売を開始した。

eCipherGateは、データベース・アプリケーション間のミドルウェアとして働き、データの暗号化・復号化とアクセス制御を自動的に行うデータベース暗号化ソフト。今回発売された最新版は、従来の暗号方式VSC(Vector Stream Cipher)と共に、総務省及び経済産業省が共同で実施している暗号技術評価プロジェクトCRYPTREC(クリプトレック)に採用されている暗号方式AESを搭載。電子政府調達基準を満たすことで、急速に拡大する公共機関でのデータベース暗号化ニーズに対応した。

対応データベースはSymfoware、Oracle、DB2、SQL Server、PostgreSQL。対応サーバ、クライアントOSはLinux、Solaris、Windows。価格は1,312,500円/1CPU。

http://www.ciphergate.co.jp/company/release_20071019.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×