IP電話での盗聴防止を実現する暗号SDKを発売(インフォーエス) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

IP電話での盗聴防止を実現する暗号SDKを発売(インフォーエス)

株式会社インフォーエスは9月25日、SIPサーバに組み込んで活用することにより、IP電話での盗聴防止機能を実現する暗号SDK「HIWA Server SDK」を発売したと発表した。本製品は、TLS(サーバはOpenSER with TLSにて接続)またはSRP(Secure RemotePassword)/TSWプロトコル

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インフォーエスは9月25日、SIPサーバに組み込んで活用することにより、IP電話での盗聴防止機能を実現する暗号SDK「HIWA Server SDK」を発売したと発表した。本製品は、TLS(サーバはOpenSER with TLSにて接続)またはSRP(Secure RemotePassword)/TSWプロトコル(サーバにSRP with TSW SDK の組込みが必要)によるIP電話機とSIPサーバ間での認証並びにSIPメッセージの暗号化を実現するもの。TSW暗号によるIP電話機間の音声データの暗号化も可能だ。

高速処理が可能なため、VoIP通話(G.711等)だけでなく画像(Mpeg4等)もセキュアに通信することができる。このためTV会議システム等、幅広い分野で活用できる暗号SDKとなっている。プラットフォームはLinuxで、Cライブラリー形式で提供される。また同社は、SDKの提供だけでなくソフトおよびシステムの受託開発も行っている。

http://www.in4s.co.jp/news/070926.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×