国際量子暗号会議(UQC2007)を開催(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

国際量子暗号会議(UQC2007)を開催(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

情報処理推進機構(IPA)、情報通信研究機構(NICT)、産業技術総合研究所(AIST)は10月1日〜3日、情報セキュリティシステム全体の質的安全性向上に資する新ツールとして注目されている「量子暗号技術」についての会議、国際量子暗号会議を共催する。会場は、東京都千代田区「秋葉原コンベンションホール」。

量子暗号技術は、データを運ぶ媒体として光子を利用して鍵データを伝送する暗号技術。量子暗号を通信経路上で盗聴しようとすると、量子状態が変化して読み込むことができなくなるほか、盗聴した痕跡も残る。今回の会議では、同技術の研究開発に携わる主要な大学・研究機関・企業が、各国開発状況や量子暗号の市場動向などの紹介を行う予定だ。

http://www.ipa.go.jp/security/event/2007/uqc/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×