国内セキュアコンテンツ管理製品市場及び脅威管理製品市場の動向を発表(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2020.12.03(木)

国内セキュアコンテンツ管理製品市場及び脅威管理製品市場の動向を発表(IDC Japan)

IDC Japan株式会社は8月30日、国内セキュリティソフトウェア市場のうち「セキュアコンテンツ管理製品」「脅威管理製品」の両市場に関する動向および予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan株式会社は8月30日、国内セキュリティソフトウェア市場のうち「セキュアコンテンツ管理製品」「脅威管理製品」の両市場に関する動向および予測を発表した。

これによると、ウイルス対策を中心に最も利用されているセキュリティ対策である「セキュアコンテンツ管理製品」の2006年における市場規模は728億円、前年比成長率は18.1%と高い成長率を記録した。しかし、ウイルス対策の普及や価格の下落傾向などにより市場の伸びる余地は小さくなっており、2006年〜2011年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は4.8%と、セキュリティソフトウェア市場全体のCAGR 6.6%を下回るとIDCでは予測している。また、この分野では、スパム対策とWebフィルタリング機能に注目し、これらの機能が製品に組み込まれる形で市場を牽引するとみている。

一方、「脅威管理製品」市場の規模は2006年が147億円、前年比成長率は-4.3%と縮小傾向にあると報告。ファイアウォール/VPN、IPS/IDSのいずれの機能も、セキュリティアプライアンスおよびアウトソーシングサービスへの移行が進み、ソフトウェア市場としての役割は終わりつつあるとして、2006年〜2011年のCAGRは-6.6%とIDCでは予測している。そのため、ベンダー各社は、アプライアンスやサービス化への対応など、ビジネスの維持と転換を図る必要があると指摘している。

詳しい内容は、同社発行の有料レポート「2007年国内セキュリティソフトウェア市場動向:セキュアコンテンツ管理製品、脅威管理製品」に掲載されている。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20070830Apr.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×