東京海上日動システムズ、Webアプリケーション脆弱性検査ソフトウェア「AppScan」を導入(ウォッチファイア・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

東京海上日動システムズ、Webアプリケーション脆弱性検査ソフトウェア「AppScan」を導入(ウォッチファイア・ジャパン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ウォッチファイア・ジャパン株式会社は8月28日、東京海上日動システムズ株式会社が、Webアプリケーション開発におけるセキュリティ対策のためのツールとしてウォッチファイアの脆弱性検査ソフトウェア「AppScan(アップスキャン)」を導入したことを発表した。なお、テクマトリックス株式会社が導入を行った。

 東京海上日動システムズでは近年、代理店向けシステムやWebサイトでの商品販売などにおいて、ユーザーの利便性向上を目的にWebアプリケーションを多く取り入れてきた一方、Webアプリケーション開発が大幅に増加したことにより、これまで人手で行っていたセキュリティ対策のための作業がますます非効率になり、アプリケーション脆弱性検査の効率化と自動化が急務となっていた。AppScan導入により通常2〜3時間、大規模なシステムでも数日で検査を完了することが可能になったという。

http://www.watchfire.com/jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×