Web 2.0の脅威に向けた早期警告システムを実装(ウェブセンス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

Web 2.0の脅威に向けた早期警告システムを実装(ウェブセンス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ウェブセンス社は8月10日、Web 2.0アプリケーション内で開始されるセキュリティ攻撃を検出し、数分以内にWebsenseユーザを脅威から保護する新しいテクノロジを発表した。「HoneyJax」と呼ばれるこのシステムはインターネット上に展開するもの。Web 2.0アプリケーション内でユーザの行動を模倣することで、脅威が拡散する前にそれら脅威を検出するシステムとなっている。

HoneyJaxはWebsense Security Labsで開発され、現在WebsenseThreatSeekerテクノロジの一部となっている。攻撃者や悪質なコードをおびき寄せるために設計された「ハニーベース」システムを進化させたもので、本システムとハニーポット、ハニークライアントを使用することでオペレーティングシステムとアプリケーションをターゲットとする脅威を追跡する。ThreatSeekerテクノロジは、Websense Web Security Suiteに標準搭載され、脅威に対抗するインテリジェンスを提供する。

http://www.websense.com/global/ja/PressRoom/PressReleases/PressReleaseDetail/?Release=0708101454
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×