OSSによるネットワーク監視システム構築(富士通SSL) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

OSSによるネットワーク監視システム構築(富士通SSL)

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は8月21日、大手金融系会社の社内ネットワーク監視システムを国内で初めて米GroundWork Open Source社のオープンソース・ソフトウェア製品「GroundWork Monitor」にて構築したと発表した。このネットワーク監

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は8月21日、大手金融系会社の社内ネットワーク監視システムを国内で初めて米GroundWork Open Source社のオープンソース・ソフトウェア製品「GroundWork Monitor」にて構築したと発表した。このネットワーク監視システムは、6月25日より運用を開始している。

従来この会社は、600台におよぶサーバやルータなどのネットワーク機器やネットワークの情報流量を、他のソフトウェア製品を用いて同社のSEが中心となって構築したシステムで、ネットワークの監視を行っていた。

「GroundWork Monitor」を導入したことにより、TCO削減だけでなく運用のための煩雑な設定がWeb画面から簡単にできるようになった。また、ネットワーク監視だけでなくシステム監査に必要なレポートの作成やネットワーク構成図の更新も容易に実施できるようになった。さらに、富士通SSLが提供する日本語でのサポートサービスや、オープンソース・ソフトウェア製品のコミュニティの最新情報をもとに米GroundWork Open Source社が検証した機能拡張や障害修正の最新版を随時入手できる点も、大手金融系会社から高い評価を得ているという。

http://www.ssl.fujitsu.com/release/2007/08/21.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×