RedHat Linux 5.0対応の最新版アンチウイルス製品をリリース(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

RedHat Linux 5.0対応の最新版アンチウイルス製品をリリース(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本エフ・セキュア株式会社は8月9日、Linux対応アンチウイルス製品の最新バージョン「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ」Ver2.31、及び「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」Ver5.52の2製品をリリースした。

両製品ともRedHat Enterprise Linux 5.0をサポートしたほか(32bit版、64bit版はLinuxゲートウェイのみ対応)、スキャンエンジンをアップデート。さらに、Linuxゲートウェイでは、Keep-Alive設定時、Keep-Aliveタイムアウトまでクライアントを切断しない問題が、Linuxサーバセキュリティでは、SMP環境でマシンがハングアップすることがある問題などが修正されている。また同社は、検証が終了した「F-Secureアンチウィルス Linuxサーバ版」をRedHat Enterprise Linux 5.0(32bit版、64bit版)対応とすることも同時に発表した。

http://www.f-secure.co.jp/news/200708091/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×