不正アクセスによるHP改竄・情報漏洩の原因分析を行うサービスを開始(NTT西日本) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

不正アクセスによるHP改竄・情報漏洩の原因分析を行うサービスを開始(NTT西日本)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は8月9日、企業や自治体の公開Webサーバ上で、不正アクセスなどによるセキュリティ事故が発生した際に、原因分析、解決策の提案を行う「情報セキュリティインシデント対応サービス」を発表し、翌10日より提供を開始した。

同サービスは、同社のネットワークに接続された公開Webサーバへ不正アクセスなどがあり、ホームページの改竄や個人情報漏洩などのセキュリティ事故が発生した際に、証拠データの保全から原因分析、解決策の提案までを行う保守サービス。具体的には、不正アクセスなどがあったサーバ上のデータをデータバックアップ装置を用いて、複製・保全後、データ解析ツールを活用して原因を分析。その結果および今後の解決策を総合レポートとして提示する。価格は980,000円〜。

http://www.ntt-west.co.jp/news/0708/070809a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×