トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表

トレンドマイクロ株式会社は8月6日、2007年7月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、7月のウイルス感染被害の総報告数は、4,445件と先月(4,799件)に続き、減少傾向が続いている。また、ランキング1位のウイルスの感染報告数が3ヶ月連続で10

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は8月6日、2007年7月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、7月のウイルス感染被害の総報告数は、4,445件と先月(4,799件)に続き、減少傾向が続いている。また、ランキング1位のウイルスの感染報告数が3ヶ月連続で100件未満であり、数多くのウイルスに被害が分散している傾向も継続している。1位は「BKDR_AGENT」が54件で返り咲き、「JAVA_BYTEVER」が前月の4位から上がり、2位は「TSPY_GAIN」が40件で圏外からのランクインとなった。3位の「BKDR_HUPIGON」も29件で圏外からのランクインだ。

6月はイタリアを中心にヨーロッパ地域において大規模なWeb経由の攻撃が確認されたが、7月は日本国内においても同様の事例が確認された。無料ホームページ作成サービスや金融情報提供サービスなど複数の正規のWebサイトが改竄され、9位の「TSPY_LINEAGE(リネージュ)」を別の悪意のWebサイトから自動的にダウンロードするコードが埋め込まれた。今後は日本でも、複数の不正プログラムを連鎖的にダウンロードさせる「シーケンシャル攻撃」の頻発が予想されるとしている。

トレンドマイクロ:2007年度上半期および6月のウイルス感染被害レポート
http://www.trendmicro.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×