WinRAR 3.70にウイルス混入の誤検出 | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

WinRAR 3.70にウイルス混入の誤検出

WinRAR Japanは8月3日、株式会社シマンテックのSymantec ClientSecurity/Norton Internet Security/Norton AntiVirusの一部の定義ファイルが、WinRAR 3.70でInfostealer.Uprungam.Bを誤検出することが確認されたと発表した。同ソフトのウイルス定義ファイル「2007/08/01

製品・サービス・業界動向 業界動向
WinRAR Japanは8月3日、株式会社シマンテックのSymantec ClientSecurity/Norton Internet Security/Norton AntiVirusの一部の定義ファイルが、WinRAR 3.70でInfostealer.Uprungam.Bを誤検出することが確認されたと発表した。同ソフトのウイルス定義ファイル「2007/08/01 rev.48」以降では修正が行われており、ウイルス定義ファイルの更新後は、WinRAR3.70に同梱されているDefault.SFXとDef_eng.SFXに対する誤検出がされないことを確認したという。

WinRAR:Infostealer.Uprungam.B誤検出について
http://www.diana.dti.ne.jp/~winrar/symantec20070802.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×