「@niftyメール」に送信メールを「消せる」機能を追加(ニフティ) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

「@niftyメール」に送信メールを「消せる」機能を追加(ニフティ)

ニフティ株式会社は7月19日、同社が提供しているメールサービス「@niftyメール」において、送信したメールを送信先の相手が読む前であれば取り消すことができる「消せるメール」機能を、同日より追加したと発表した。この機能は、Webメールから送信するメールについて、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ニフティ株式会社は7月19日、同社が提供しているメールサービス「@niftyメール」において、送信したメールを送信先の相手が読む前であれば取り消すことができる「消せるメール」機能を、同日より追加したと発表した。この機能は、Webメールから送信するメールについて、送信先の相手がメールを読む前であれば取り消すことができるというもの。6月4日に提供を開始した無料のメールサービスと、接続サービスを申し込んでいる利用者向けに標準で提供しているメールサービスで利用できる。利用料金は無料。

メール内容や宛先を間違えて送信したときのために、送信前に事前に取り消し設定をすることで、送信先の相手がそのメールを読む前に取り消すことができる。このメールをWebメールで受信した場合には、他のメールと同じように確認することができ、メールソフトなどで受信した場合には、パスワードを登録の上、Web上の専用画面からメールを確認することができる。さらに、送信メールを取り消した場合には、取り消した理由などをコメントとして残すことも可能。

http://www.nifty.co.jp/cs/07kami/detail/070719003257/1.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×