生体認証を導入・運用する際の参考となるガイドラインを公開(IPA) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

生体認証を導入・運用する際の参考となるガイドラインを公開(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月18日、生体認証の情報セキュリティ対策を推進するため、生体認証を導入しようとしている組織や担当者向けに「生体認証導入・運用のためのガイドライン」を公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月18日、生体認証の情報セキュリティ対策を推進するため、生体認証を導入しようとしている組織や担当者向けに「生体認証導入・運用のためのガイドライン」を公開した。

同ガイドラインは、近年急速に普及している生体の特徴(指紋、静脈、虹彩など)を利用した生体認証システムのセキュリティに関わる状況について、正しい理解を深め、適切な利用の促進を目的としたもの。生体認証(バイオメトリックス)の概要から、生体認証システム構築と運用の留意点などが簡潔にまとめられており、導入・構築・運用を検討する際の参考として活用できる。ファイルはPDF形式、全18ページ。

http://www.ipa.go.jp/security/fy18/reports/bio_sec/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×