ビジネスとITインフラの連携を支援する管理ソリューション2製品を発売(BMCソフトウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

ビジネスとITインフラの連携を支援する管理ソリューション2製品を発売(BMCソフトウェア)

BMCソフトウェア株式会社は7月9日、ITコンポーネントの自動検出およびそのコンポーネント間の関連付けを行う「BMC Topology Discovery(TD)」と、ビジネスの観点からイベント発生時の影響度と緊急度を示し、イベントの優先付けインシデント管理を行う「BMC Service Imp

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
BMCソフトウェア株式会社は7月9日、ITコンポーネントの自動検出およびそのコンポーネント間の関連付けを行う「BMC Topology Discovery(TD)」と、ビジネスの観点からイベント発生時の影響度と緊急度を示し、イベントの優先付けインシデント管理を行う「BMC Service Impact Manager(SIM)」の2製品の発売を発表、7月10日より出荷を開始した。

TDはエージェントレス型のディスカバリ・ソリューション。企業内にあるITインフラの構成要素を、サーバやルータなどの物理資産、システムやアプリケーションなどの論理資産に分類し、ネットワークならびにソフトウェア構成、ユーザー及び識別情報や依存関係を判別してトポロジーを自動作成するもの。収集データは、企業IT環境の全データを格納するCMDB(構成管理データベース)に納められ、SIMで利用される。

SIMは、経営層やIT管理職、サービスデスク担当者などを対象としたリアルタイムなサービス・インパクト管理ソリューション。あるITコンポーネントにトラブルが生じた場合、そのコンポーネントとビジネスの関連性を構成ツリーとして表示することで、原因を即座に突き止め、ビジネス上の影響度と緊急度を的確に把握するもの。イベントを発生順に処理するのではなく、ビジネス上最も緊急度の高い問題に最初に集中できるため、システム障害が起こった場合でも信用回復までの時間を大幅に短縮でき、顧客サービス度が向上する。TDや運用監視ツール、CMDBと連携して運用する。

価格は、TDが検出対象のサーバごとに35,400円、BMC Discovery for Business Processが3,304,000円より。SIMは最少構成で15,340,000円より。

http://www.bmc.com/BMC/News/CDA/hou_PressRelease_detail_intl/0,3824,4807124_0_84894920,00.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×