新たな脅威に対する意識調査の報告書を公開(IPA) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

新たな脅威に対する意識調査の報告書を公開(IPA)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、インターネット利用者を対象とした「情報セキュリティに関する新たな脅威に対する意識調査(2006年度第2回)」を実施、報告書を公開した。調査対象は15歳以上のPCインターネット利用者で、有効回答数は5,316人。調査の結果、「ス

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、インターネット利用者を対象とした「情報セキュリティに関する新たな脅威に対する意識調査(2006年度第2回)」を実施、報告書を公開した。調査対象は15歳以上のPCインターネット利用者で、有効回答数は5,316人。調査の結果、「スパムメール」「フィッシング」などについては8割以上が認知していることが分かった。

また、セキュリティ対策の実施状況について、セキュリティ対策ソフトを導入していない人が2割以上で、危険な状態でPCを利用しているケースが未だに存在しているようだ。PC処分やリサイクル時のデータ消去方法については、「ゴミ箱を空にする」のみ(約19%)、「特に何もしない」(約17%)等、データ消去方法が不十分な状態であることが判明した。

http://www.ipa.go.jp/security/fy18/reports/ishiki02/press.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×