情報流出を防ぐ帳票運用管理ソリューションを提供(ウイングアーク、日立ソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

情報流出を防ぐ帳票運用管理ソリューションを提供(ウイングアーク、日立ソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社と日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は7月11日、ウイングアーク テクノロジーズの帳票ソリューション「Super Visual Formade(SVF)」と、日立ソフトのドキュメント運用管理製品「活文NAVIstaff」を連携させたセキュアな帳票運用管理ソリューションを提供すると発表した。

「SVF」は、高機能PDFデータ「High Grade PDF」を生成し、PDFによる帳票運用の効率化を図ることが可能なもの。また「活文NAVIstaff」は、帳簿の閲覧者を適正に限定でき、配布後でも閲覧を停止できるツール。今回、SVFの帳票データを活文NAVIstaffでDRM付きPDF帳票として生成、運用管理することで、帳票からの情報流出を防ぎ、安全性を確保した帳票運用を実現できるようになる。

http://www.wingarc.com/public/detail.php?f_id=160
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×