サン、一部報道を受けJREバージョン提供の経緯を発表 | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

サン、一部報道を受けJREバージョン提供の経緯を発表

サン・マイクロシステムズ株式会社は7月12日、厚生労働省の電子申請・届出システムを使用する際に利用されていた旧バージョンのJRE(Java Runtime Environment)について、悪意あるWebサイト等を閲覧した際、セキュリティホールを攻撃され被害を受ける可能性があるとの報

製品・サービス・業界動向 業界動向
サン・マイクロシステムズ株式会社は7月12日、厚生労働省の電子申請・届出システムを使用する際に利用されていた旧バージョンのJRE(Java Runtime Environment)について、悪意あるWebサイト等を閲覧した際、セキュリティホールを攻撃され被害を受ける可能性があるとの報道がなされたことを受け、当該セキュリティホールがすでに修正された新バージョンが提供されていると発表した。これまで提供された新バージョンは以下の通り。

リリース 提 供 日 備 考
──── ───── ───
1.4.2_10 2005/10/31 厚生労働省の申請で使われていたバージョン(報道時)
1.4.2_11 2006/02/27
1.4.2_12 2006/06/01
1.4.2_13 2006/11/02
1.4.2_14 2007/03/27
1.4.2_15 2007/06/26 最新バージョン

これによると、厚生労働省は2005年10月以来、5回のバージョンアップを行っていなかったことになる。

サン・マイクロシステムズ
http://www.jp.sun.com
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×