厚生労働省の電子申請ソフトの不具合は、パッチ適用の怠りが原因 | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

厚生労働省の電子申請ソフトの不具合は、パッチ適用の怠りが原因

厚生労働省が提供している電子申請が利用できない問題で、ソフトのパッチ適用を長期間行っていなかったことが原因であることが判明した。同省ではこのサービスにサン・マイクロシステムズのJRE(Java 2 Runtime Environment)を使用、提供していた。JREには個人情報が流

製品・サービス・業界動向 業界動向
厚生労働省が提供している電子申請が利用できない問題で、ソフトのパッチ適用を長期間行っていなかったことが原因であることが判明した。同省ではこのサービスにサン・マイクロシステムズのJRE(Java 2 Runtime Environment)を使用、提供していた。JREには個人情報が流出する既知の脆弱性があり、サンではこれらの問題を修正するパッチを昨年12月と本年5月に公開している。しかし同省はこのパッチを適用していなかった上に、パッチの適用を促す内閣官房情報セキュリティセンターの通達も無視していたという。

同省のシステムは雇用保険などの申請・届出に使用されており、脆弱性が存在したまま放置された期間の利用者は4万人以上ともいわれている。なお同省は現在紙で申請を受け付けている。

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×