迷惑メールフィルタリングサービスを提供開始(バリオセキュア) | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

迷惑メールフィルタリングサービスを提供開始(バリオセキュア)

バリオセキュア・ネットワークス株式会社は7月3日、スパムメールを自動遮断するASPサービス「Spam Protectionサービス」を8月より提供すると発表した。同サービスは、迷惑メール特有の通信挙動を解析することで、99%の遮断率を実現する迷惑メールフィルタリングサービス

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
バリオセキュア・ネットワークス株式会社は7月3日、スパムメールを自動遮断するASPサービス「Spam Protectionサービス」を8月より提供すると発表した。同サービスは、迷惑メール特有の通信挙動を解析することで、99%の遮断率を実現する迷惑メールフィルタリングサービス。メールコンテンツでの判定に加え、送信元となるBotの特性に基づく判定を行うことで、言語環境に依存しない高精度なフィルタリングを実現する。

迷惑メールの判定結果をルールDBに自動登録する「ヒューリスティックエンジン」により、常時最新のパターン情報を反映可能だ。迷惑メールの送信元に対して、送信行為自体を制御させる独自機能も備えた。価格は、対象メールアドレス数に対して課金する方式で、初期費用52,500円(一律)、月額費用10,500円。

http://www.variosecure.net/whatsnew/20070703_Vario_SpamProtection.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×