指紋認証付USBメモリを活用した擬似シンクライアントを発売(コネクトワン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

指紋認証付USBメモリを活用した擬似シンクライアントを発売(コネクトワン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社コネクトワンは6月26日、指紋認証付USBメモリを活用したリモートアクセ スソリューションを7月1日より販売すると発表した。同ソリューションは、指紋認証付USBメモリにて社内システムへのアクセス認証を行い、社外にあるPCから、メールやスケジュール等の参照、編集が可能となるもの。

特別なソフトやドライバのインストールは不要で、あらゆるPC端末で利用可能だ。指紋情報によるアクセス制御機能のほか、ダウンロードしたデータのPC端末上への保存や印刷等を防止する機能、表示したデータを、USBメモリ上に限り保存・編集できる機能も備えた。料金は、ライセンス料が50ユーザ版で84万円、USBメモリ本体が27,800円。

http://www.connectone.co.jp/20070626.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×