ボットネット、標準型攻撃の実態に迫った研究資料3点を公開(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

ボットネット、標準型攻撃の実態に迫った研究資料3点を公開(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月21日、ボッドネット、標準型攻撃関連の研究資料を一般公開した。

公開されたのは、2005年から2006年に出現した単機能化されたマルウェアの特徴及び傾向、Webアプリケーションの脆弱性を利用するボットの調査結果をまとめた「マルウェアの最近の傾向とウェブアプリケーションの脆弱性を狙うボットの実態」、命令の受信にP2P型の通信を使用するボットや、既存のP2Pファイル共有ネットワークと関連するボット・ボットネット(P2P型ボット)の実態や特徴について考察した「P2P型ボット分析レポート」、近年急増しているといわれる標的型攻撃(Targeted Attack)について、国内企業へのアンケートからその実情を紹介し、企業・組織としての対策をまとめた「標的型攻撃についての調査」の3点。いずれもPDFにまとめられて提供されている。

http://www.jpcert.or.jp/research/2007/recent_malware_trend.pdf
http://www.jpcert.or.jp/research/2007/P2P_bot_analysis_report.pdf
http://www.jpcert.or.jp/research/2007/targeted_attack.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×