NTT東日本、一部のひかり電話対応ルータに正常に着信しない不具合 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

NTT東日本、一部のひかり電話対応ルータに正常に着信しない不具合

東日本電信電話株式会社は5月30日、「ひかり電話」対応ルータ用の最新ソフトウェアに不具合があることが判明したと発表した。ナンバー・ディスプレイ非対応電話機を使用している場合に、着信時に正常なベルが鳴り出す前の5〜6秒間、通常のベル音より短い音が鳴り、この間

製品・サービス・業界動向 業界動向
東日本電信電話株式会社は5月30日、「ひかり電話」対応ルータ用の最新ソフトウェアに不具合があることが判明したと発表した。ナンバー・ディスプレイ非対応電話機を使用している場合に、着信時に正常なベルが鳴り出す前の5〜6秒間、通常のベル音より短い音が鳴り、この間に受話器を取ると電話が切れてしまうことがある。

対象となる機器は、ひかり電話対応ルータ「PR-200NE」および「RV-230NE」のうち、平成19年5月28日より提供した機能向上を図るための最新ソフトウェア(バージョン2.00)にバージョンアップを実施した機器、および5月29日に新規に設置された「PR-200NE」。対象となる台数は最大で11,024台になるという。同社では、電話機ポートのナンバー・ディスプレイの設定を「使用しない」に変更することにより不具合が解消されるとしており、サイトやユーザ個別にお詫びと説明を行うとしている。

NTT東日本:ひかり電話対応ルータ「PR−200NE」「RV−230NE」の不具合及び対象となるお客様への対応について
http://www.ntt-east.co.jp/release/0705/070530a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×