配布した3D CADデータの閲覧停止などが行える管理ソリューションを発表(日立ソフト、ラティス・テクノロジー) | ScanNetSecurity
2021.09.16(木)

配布した3D CADデータの閲覧停止などが行える管理ソリューションを発表(日立ソフト、ラティス・テクノロジー)

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)とラティス・テクノロジー株式会社は5月25日、3D CADデータ(XVLファイル)の漏洩を防止するセキュリティ管理ソリューションを発表した。販売・出荷は7月からの予定。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)とラティス・テクノロジー株式会社は5月25日、3D CADデータ(XVLファイル)の漏洩を防止するセキュリティ管理ソリューションを発表した。販売・出荷は7月からの予定。

同ソリューションは、ラティスの3Dデータ編集ツール「XVL Studio Ver. 7.0」と日立ソフトの新製品「XVLstaff(エックスブイエルスタッフ)」を、PDFのセキュリティ制御を行なう「Adobe LiveCycle Policy Server」と連携させて、3Dデータと技術文書のセキュリティ統制を図れるようにしたもの。同製品を利用することで、外部公開する3Dデータに対するアクセス制御、配布した3Dデータの操作履歴の記録、配布後の3Dデータに対する参照の強制停止(失効)、閲覧期間の設定といった制御を実現できる。

http://hitachisoft.jp/News/News452.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×