JNSA、2006年度の「個人情報漏えいインシデント調査結果」を発表 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

JNSA、2006年度の「個人情報漏えいインシデント調査結果」を発表

JNSA(NPO 日本ネットワークセキュリティ協会)セキュリティ被害調査ワーキンググループは5月25日、2006年度の「個人情報漏えいインシデント調査結果」を発表した。これは、2006年1月1日から2006年12月31日までに新聞やインターネットニュースに公開された個人情報漏洩イ

製品・サービス・業界動向 業界動向
JNSA(NPO 日本ネットワークセキュリティ協会)セキュリティ被害調査ワーキンググループは5月25日、2006年度の「個人情報漏えいインシデント調査結果」を発表した。これは、2006年1月1日から2006年12月31日までに新聞やインターネットニュースに公開された個人情報漏洩インシデントの情報を整理し、漏洩した組織の業種、漏洩人数、漏洩原因、漏洩経路、事後対策を集計し、独自の算定式により想定損害賠償額を算出したもの。

発表によると、2006年の個人情報漏洩の公表件数は993件で、前年の1,032件に対し96%と、前年と同規模の件数を維持した。それに対し漏洩人数は2006年が約2,200万人で、前年の880万人に比較し2.5倍に増加した。また、1件あたりの平均漏洩人数も、前年の8,922人から23,432人と急増している。「もし被害者全員が賠償請求したら」という仮定による想定損害賠償額の総計は、前年の約7,001億円から3,767億円と算出している。情報漏洩の原因では、前年と同様に「紛失・置忘れ」「盗難」が約半数を占めた。「紛失・置忘れ」では、金融業のコムフィッシュの誤廃棄・紛失の占める割合が高くなっており、「盗難」では、相変わらず車上荒らしによるインシデントが多かった。


JNSA:2006年度 個人情報漏えいインシデント調査結果
http://www.jnsa.org/result/2006/pol/insident/070524/2006incidentsurvey_070524-v1_0.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×